雑記帳みたいな、なにか

思ったことなどつらつらと

【考#67】ブログは手紙のようなもの?!

ブログは手紙のように書くといいと言われています。手紙のように書くということは言い換えれますと「目の前の相手に向けて書く」ということです。ブログは、ついつい不特定多数に向けて書いてしまいがちですが、特定の誰かに向けて書くという意識をもって書くのがよいでしょう。

 

f:id:pop-star0125:20150620061407j:plain

なぜ手紙のように書くといいのでしょうか。それは、ブログというものが本質的には「一対一のメディア」ではないかと考えるからです。一見するとブログは多くの人に見てもらっているように思いがちですが、今この瞬間に見ている”あなた”は、一人で読まれていることでしょう。書き手である「私」と、今これを読んでいる「あなた」は「一対一の関係」なのです。

 

私とあなたは、今ブログという画面を通して向き合っているのです。一対多ではなく、一対一の関係なのです。ブログというのはあなたへの手紙です。手紙というのが実感がわかなければメールといってもよいかもしれません。大多数に向かって話すのではなく、目の前の一人にピンポイントに伝えます。イメージでしかありませんが、そのように考えながら書いてみると少しは「伝わる」文章になるのではないでしょうか。

 

まとめ

ブログはあなたへの手紙です。