ささやかな幸せ

お題「ささやかな幸せ」

 

―なおくん先生、今日のお題は「ささやかな幸せ」です。

 

「ささやかな幸せ・・・ですか。こうやってね、ネタがないときに【お題】を提供してくれることがありがたいよね。」

 

―これすら、【ささやかな幸せ】ですね。笑

 

「うん。じゃあ、これで。」

 

―ちょいちょいちょい!!!www なおくん先生、まだ時間が7分半残っています!!!

 

「えっ!!? 1記事10分のしばり、まだやっているんだっけ??」

 

―そうですよ!!毎日1記事10分。これはもう1年以上続けているルールですから。

 

「そっか。そんじゃー、ささやかな幸せ。紹介するよ。」

 

―お願いします。

 

「名言の書写をすること」

 

―書写ですか??

 

「うん。昨日ね、Twitterで #手書きツイート というハッシュタグがあって、それをぼーっと見てたんだけどね。その中で、なんか名言を手書きで書き写して、それをアップロードするような流れがあったの」

 

―名言を手書きで書き写す。

 

「そう。毎日、【お題】となる名言をツイートしてくれるアカウントがあるの。それで、そのお題をみんなが自由に書き写して、アップしあっててさ」

 

―わぁー、なんだかおもしろそうですね。笑

 

「でしょー!!! それで、ぼくも参加してみたいっ!!って思ってさ。鉛筆で、方眼罫のルーズリーフに、丁寧に書き写した。それを写真で撮って、Twitterにアップしたんだー!!」

 

―さすがなおくん先生。行動力すごいっ!!ww

 

「こういうのは、その気になった瞬間に始めないとね。鉄は熱いうちに打てという。」

 

―ほんとですね。それで?? リアクションはありました??

 

「リアクションはまったく期待していないよ。でもね、【いいね】が7件くらいついた」

 

―すごいじゃないですか!!初投稿なのに7件もいいねを貰えるなんて!!!

 

「いや、ほんとだよね。wwww」

 

―やっぱり、Twitterハッシュタグでつながっているから、趣味が合う人同士見つけやすいのかもしれませんね。

 

「そうだね。あ、10分のアラームがなりましたよ。」

 

―あら、楽しい時間はあっというまですね。

ということで、ささやかな幸せをまとめると・・・

  1.  お題を用意してもらえること。
  2.  Twitterで書写をアップしていいねをもらえたこと。
  3.  はてなブログで楽しく記事が書けること

こんなところでよろしいでしょうか?

 

「おっ!!まとめが上手になりましたね。」

 

―ありがとうございます。

感謝ノートを続けるコツ

―なおくん先生、今日のお題は「感謝ノートを続けるコツ」についてです。お願いします。

 

「わかりました。感謝ノートって、続けることが大事です。続けることによって、感謝の筋力?筋肉のようなものがだんだんついてくるんです」

 

―なにごとも継続が大事なんですね。

 

「そうだね。1日1%の成長を1年間続けると、何倍になるか知っているかい?」

 

―え?1日1%の成長を・・・?1年間?

365日だから・・・3.6倍くらいじゃないですかね??

 

「そう思うだろう?そうじゃないんだよ。1日1%の成長を1年間続けると、約37倍成長するんだよ!!」

 

―どっひゃーーー!!!!

 

「これについて詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみるといいよ」

 

(参照リンク)

「毎日1%の成長を繰り返すこと」の本当の意味 | 勉強法・指導方法コラム【坪田塾】個別指導の学習塾・大学受験予備校

 

―ありがとうございます。で、本題に戻りますが。「感謝ノートを続けるコツ」について教えてください。

 

「結論から言いますと、毎日同じ時間、場所で書くようにすることです。」

 

―毎日、同じ時間、場所で書く?? そんなことでいいんですか?

 

「そうです。たとえばぼくの場合は、夕方にカフェに行くことを習慣にしています。そこで、ノートを開いて15分間感謝ノートを書きます」

 

―夕方に、カフェで、15分間書く。これがルーティン化しているんですね。

 

「そう。朝起きたらトイレに行く。とか、12時になったからお昼ごはんを食べる・・・みたいな。この時間になったらこうする・・って、自然に身体が動いちゃう状態を作るのがコツ」

 

―そっか、そうすれば意思力とか皆無でできますね。

 

「でしょ??笑」

 

―そういえばこのブログの更新もそうですよね。毎日書くことが、そもそもルーティンになっちゃっているから、いちいち「更新するかしないか」を考えていない。

 

「そうなんだよね。ブログを書くことがもう、当たり前になっちゃっている。だから結果として継続できるんだ」

 

―感謝ノートも、まずは自分の生活の一部にすることからですね。

今日も素晴らしいお話をありがとうございました。

 

「いえいえ、こちらこそ。ありがとうございます。」

 

感謝の【深堀り】をしてみよう(マックのカフェラテ150円)

―なおくん先生、今日のブログのタイトルなんですか??!笑

 

「読んで字のごとく、だよ。笑」

 

―感謝の深堀りをするって、どゆことですか??

 

「感謝ノートを書くワークについて以前から話しているよね」

 

―はい。

 

「それで、できるだけたくさん【感謝すること】を書き出すということをやっていました」

 

―そうですね。

 

「そこで今回は、たくさんではなくて、ひとつの事象にフォーカスして、感謝を【深堀り】するというワークをやってみたいと思う」

 

―ああ、なるほど。たくさん感謝することをランダムに出すのではなくて、ひとつの感謝する出来事について、深堀りをしていくということですね。

 

「そゆこと!!!」

 

―で、今回のお題というのが?

 

「マックのカフェラテ(税込み150円)です。

これについて、どういう点が感謝できるか、どんどん挙げていこう!!」

 

―えっと、150円でカフェラテが買えることがありがたいです。

 

「そうだね。まず値段が安いよね。他の店だったら300円〜400円以上してもおかしくない。なのに、150円で、しかも税込み150円で買えるってありがたいよね」

 

―はい。

 

「ほかには??」

 

―ええと・・・温かいカフェラテがすぐに出てくる。待たなくてもいい

 

「うんうん、これもありがたいよね。ちゃんと温かいカフェラテが出てくる。ぬるいなんてこともなく。そして、待つ必要もなく出来たてのカフェラテが秒で出てくる。これも実は当たり前のように思っちゃうけど、すごいありがたいことだよね」

 

―そうですね。待たなくていいって、実はすごいことですよね。

 

「今から作るんで、って言われて20分くらい待たされることも店によってはあるもんね。それなのに、すぐに出てくるってすごいよ」

 

―あとは・・・そもそも自分で作れないカフェラテを150円さえ払えば、すぐに飲めること。

 

「おおっっ!!いいね。そうだよね。カフェラテなんて、自分では絶対作れないよね」

 

―はい、そもそもコーヒー豆の作り方?とかよくわかりませんし。日本で栽培できないですよね??

 

「そうだよね。南米?とかそういうところに飛行機で行って、現地の人に交渉して、コーヒー豆を売ってもらって、飛行機でまた帰ってきて・・・」

 

―うわっ!!笑

コーヒー豆をゲットするだけでも大変!!!

 

「それに、それをどうやってコーヒーにしていくかもわからないよね。うまく出来たとしても、カフェラテってどう作るの?? 紙コップだって調達しなきゃならない」

 

―カフェラテを作るマシンみたいのがありますが、めちゃくちゃ高額だという話も聞きました。

 

「うんうん。そういう面倒なことや、高額な設備投資とか、ぜーんぶお店が用意してくれているんだよ。それをやってくれた上で、ぼくらは150円だけお支払いして、その苦労の末に出来たカフェラテをいただけているわけ」

 

―わぁーーー!!!めちゃくちゃありがたいっ!!!!

 

「でしょーーー!!!

そうやって考えたら、マックのカフェラテ150円がいかにありがたいものか実感できるよね。これが感謝の深堀りだよ。」

 

―めちゃくちゃ勉強になりました。これはほかのことにも使えますね。

 

「もちろん!! ひとつひとつここまで深堀りするのは大変だけど、時間のあるときにそういう思いを馳せること。そうすることで感謝する力がどんどん強くなる。いろんなことに自然に感謝できるようになっていくよ」

 

―今日も素敵なお話をありがとうございました。

今日は感謝の深堀りについて、なおくん先生にうかがいました。

 

「ありがとうございました」