感謝ノートを書く習慣

感謝ノートの素晴らしさを世の中に伝えていきます。

快適な環境でブログを書く

おはようございます。

 

今日もタイマーを10分間に設定して、モーツァルトの曲をBGMに流しながら、即興で文章を書くという遊びをしています。思いついたことをじゃんじゃん書いていこうと思っています。

 

現在の執筆環境としては、

 ・MacBookAirから入力

 ・スタンディングデスクを使用

 ・キッチンタイマーを10分間に設定

 ・iPhoneからモーツァルトの曲が流れている

という感じの環境で書いています。

 

この環境は、かなり僕にとってここちのよい環境ですね。

 

こういう環境を整えることも、文章を書くことにとっては大事なのかなぁって思います。だって、うるさい場所で、スマホフリック入力で、ブログを書くのと、今みたいな環境でブログを書くのとでは、たぶん書かれるものって全然違うものになると思うから。

 

より快適な環境でブログを書けるように、日々試行錯誤しています。

みなさんも快適な環境でお過ごしください。

 

それでは、今日も良い一日を過ごしましょう。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

(作業時間:10分、438文字)

モーツァルトを聴きながら

おはようございます。

 

今日はとくに書くことがないので、思ったままに書いてみたいと思います。

なぜそう思ったのかというと、ここ最近ブログを書くことがつまらなく思えてきてしまったからです。型通りに書こうと思いすぎるあまりに、自分が何を書きたいのかが見えなくなってしまいました。なので、思ったままに書き綴ってみようかなぁと思いました。

 

話は変わりますけど。今ね、モーツァルトを部屋に流しながら書いているんですよ。BGMをかけながら文章を書くとどうなるか、という実験をしていてね。なんか気持ちが優雅になるんですよね。

 

絵を描く人などは、イヤホンつけて音楽を聞きながら作業している人とかいますよね。あんな感じでね。僕の場合、歌詞のある歌だと、歌詞の内容に文章が引っ張られてしまって気が散るので、インスト曲がいいんです。で、インスト曲といえば、クラシック。クラシックといえばモーツァルトかなぁと。モーツァルトとバッハが好きなんですよ。んで、今日はモーツァルトを聴きたい気分。ピアノ曲を流していますね。

 

アマゾンミュージックで、モーツァルトを検索して流してます。便利な時代ですよね。CDを買いに行ったり、借りに行ったりせずとも、家で、ぱっと思いついたら検索して無料で聞くことができるんですから。本当にありがたいなぁって思います。

 

こうしてね、文章を書いて発表できる環境があることもそうですよね。ひと昔前からしたら考えられないくらいに恵まれていること。なんて、なんか優雅な気持ちになったのは、モーツァルトの音楽の効果でしょうか?

 

というわけで、本日は以上にしましょうか。10分間の中で即興で文章を書き綴るという遊びをしてみました。これは楽しいかも。しばらくこのスタイルでやってみたいと思います。では、今日も良い一日を。

感謝ノートを書くことによるメリット

感謝ノートを書く習慣がない人

「感謝ノートを書くことが大事ということはよく聞くけれど、感謝ノートを書くことによるメリットはあるの?」

 

こういった疑問に答えます。

 

(目次)

 

 

 

1.感謝ノートを書くことで得られるメリット

 

 感謝ノートを書くことで得られるメリットは以下のとおりです。

 

 ①感謝ノートを書くことで脳が感謝を探すようになる

 ②感謝ノートを書くことで周囲への感謝が自然にできるようになる

 ③感謝ノートを書くことでより多くの感謝に溢れる日々になる

 

それぞれ見ていきましょう。

 

①感謝ノートを書くことで脳が感謝を探すようになる

 感謝ノートを書くことにより、脳が「感謝すること」にフォーカスするので日々の感謝を探しやすいモードになるからです。

 

②感謝ノートを書くことで周囲への感謝が自然にできるようになる

感謝ノートを書くことで、感謝を感じる習慣ができるので自然と感謝の言葉が出てくるようになるからです。 

 

③感謝ノートを書くことでより多くの感謝に溢れる日々になる

感謝ノートを書くことで感謝体質になり、感謝することをさらに引き寄せるようになるからです。

 

2.まとめ

感謝ノートを書く習慣をつけることで、以上のようなメリットがあります。

今ここで感謝に溢れた毎日を送ることができるようになります。

 

 

今回は、以上となります。

最後まで読んでくれてありがとう。