ブログの記事構成の方法は?|サクッと図解してみた

ブログの記事構成の方法は?

◆こんな悩みはありませんか?
・ブログの記事構成の方法を知りたい
・わかりやすく構成を図解してほしいな

 

こんにちは、なおくんです。

マインドマップ歴16年のぼくが、様々なYouTubeやブログや本で学んだ「ブログの記事構成」を一枚の図にまとめてみました。

今回はこの図をもとに「稼げるブログの記事構成」について解説していこうと思います。

 

*1

 

ブログの記事構成を図解してみた

ブログの記事構成の方法は?

ポイントをまとめると以下の通りです。

 

 
①タイトル ②導入文 ③目次
④本文 ⑤まとめ ⑥CTA 

 

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

 

①タイトル

ブログ記事の中で最も重要なのがタイトルです。検索キーワードがタイトルに含まれているかどうかがSEOにおいて非常に大事だからです。タイトルについてのポイントは以下の3つです。

 

  • キーワードを含める
  • 28〜32文字で
  • 前後2つに分けるとよい

 

>>参考:【ブログ】記事のタイトル文字数は? | 結論:28〜32文字くらいにしよう - NaoBlog

 

②導入文

ブログ記事の本文に入る前の「まえがき」的な役割を持ちます。この導入文も大きく分けると3つのパートに分けることができます。

 

  • 読者の悩み
  • 信頼性の担保
  • 読者のベネフィット

 

それぞれ解説していきます。

・読者の悩み

読者の悩みを言語化します。キーワードを入れて言語化しましょう。悩みは1つでも良いですが、できれば3つ書き出すとより深い記事が書けます。

その際は、最初は顕在ニーズを書きましょう。残りの2つは潜在ニーズを書くとよいでしょう。

 

・信頼性の担保

簡単な自己紹介を兼ねて、自分の実績を示します。実績は、その記事の信頼性の担保になるようなものがいいでしょう。

たとえばこの記事だったら「マインドマップ歴16年」というのが信頼性の担保にあたります。

 

・読者のベネフィット

この記事を読むことで、読者にとってどのようなベネフィットがあるのかを示します。ベネフィットっていうのは、メリットみたいな感じ。読者にどういう得があるかってことをサクッと説明しましょう。

 

③目次

ここで「目次」が入ります。目次は基本的にH2見出しの前に自動的に入る仕様になっているブログが多いです。はてなブログの場合は、自分で目次を挿入します。

④本文

さて、ブログ記事の本文にいきましょう。本文はざっくりと3つの「見出し」を作るといいでしょう。

いわゆるH2見出しです。この見出しは、先ほどの「読者の悩み」に対する「回答」みたいな感じにしておくと書きやすいと思います。

また、最初の見出しの言葉は、タイトルと同じにするとSEO的に良いみたいです。

 

⑤まとめ

ブログ記事の最後にまとめを書きましょう。基本的には導入文で書いた本文の要約をもう一度言い回しを変えて書くようなイメージでOKです。

 

⑥CTA

CTAはコール・トゥ・アクションの略です。ブログ記事の最後に「読者にとってほしい行動」を促します。

具体的には、

 

  • 関連記事への誘導
  • 収益記事への誘導
  • アフィリエイトリンクへの誘導
  • メルマガの訴求
  • 読者登録のお願い

 

・・・などがあります。

せっかく記事を読んでくれた読者さんに、最後に自分がとってほしい行動をとってもらいましょう。

 

まとめ

というわけで今回は「ブログの記事構成の方法」についてサクッと解説してみました。

ブログの記事構成の方法は?

もしよければ参考にしてみてください。

それじゃー!!

 

あわせてよみたい

pop-star0125.hateblo.jp

 

 

*1:目次のデザインはこちらを参考にさせていただきました。

はてなブログ【目次カスタマイズ】コピペで使えるデザイン集 - フジブロっ!