妄想日記を書く習慣

妄想日記を書いて、妄想力を鍛えていきます!

妄想日記 2019/09/10

はい、こんにちは☆
今日も「妄想日記」を書いていきたいと思います。

 

【妄想日記のルール】
①すでに叶ったテイで書く
②どんなに都合のいい妄想でもOK
③今この瞬間を楽しむために書く☆

 

では、行きまーす!

 

○月×日

やっほーーーーぃ!!!!!

マジ最高!!

今、この瞬間、
完全に「ありのまま」になれてる。

 

ぼくって、じつは
めちゃくちゃ「明るいやつ」だったんです

 

すっかり忘れてたんだけどさ。


ぼくは、本当は
 ・クラスの中心的存在で
 ・やんちゃで
 ・みんなを笑わせるようなやつで
 ・人気者で
 ・スターで
 ・いつも明るくポジティブで
 ・天才的な頭の良さで
 ・なんでも簡単にこなせちゃう

 

そういうやつだったんだ。

 

なのに、小学生になったときかな。
気がついたら、
 ・暗いやつ
 ・おとなしいやつ
 ・目立たないやつ
 ・めったに笑わないやつ
 ・運動神経もよくない

 

そんな感じの陰キャになっていたよ。
きっかけ?
あんまり覚えてない。

 

あんなに自分らしく振る舞えていた
保育園時代のぼくは消えていた。

 

だけど、心の奥底にはいつも存在していた。
明るく無邪気に、みんなの中心にいる
ぼくの姿が。

 

あーー、もう、
ぜんぶぜんぶとっぱらって
いいんだよ。

 

君は、本当は明るいやつなんだろ?
君は、本当はもっとおもしろいんだろ?


もっともっともっと、
本当の自分でいていいんだよ??

 

仮面をかぶる必要はないんだよ。
ぜんぶ、脱いじゃえよ。
鎧を身につけている必要はないんだよ。

ぜんぶ、ぜんぶ、脱いでいいんだよ。

君は、君のままでいい。
本当の、本当の、君のままでいい。

 

思いっきり笑っていいんだよ。
思いっきり泣いていいんだよ。
なにをしてもいいんだよ。

なにを表現してもいいんだよ。

 

ぜんぶが、許されているんだよ。
誰も、なにも、禁止していない。

禁止しているのは、君自身だ。

ああああああああああああ


こんなに自由だったんだ。
こんなにぼくは明るかったんだ。

こんなに世界は明るかったんだ。
ぼくは、ぼくで生きていいんだ。
ぼくはもっと自由に表現していいんだ。
ぼくはありのままでいていいんだ。

 

自己開示、なんて
そんな大それたことじゃない。

 

ただ、今、この瞬間、
ありのままの自分であること。

それを認めてあげること。

そーやったら、もう完全に自由。

 

今この瞬間、
ぼくは完全に自由なのだ!!!!!

もう、なんにもコワくない。

本来の自分をもっと解放する。

解放する。

解放する。

地球は、ものすごいエネルギーに
満たされる。

人ひとりが、
本来の自分に戻ることが出来たら、


地球はすごいことになる。

 

ぼくは、
まず、

ぼく自身を解放してあげる。


すごくパワフルだ。

内側からエネルギーが湧き出てくる。
ぼくの内部から、
とてつもないエネルギーが。


ぼくは、こんなもんじゃない。
それは内側の自分が必死になって
訴えていた。

 

☆☆☆☆☆

今日はここまで。
最後まで読んでくれてありがとう。
今日もよき1日を!!