感謝ノートを書く習慣

感謝ノートの素晴らしさを世の中に伝えていきます。

簡潔に話すための3つのポイント

おはようございます。

 

今日は「簡潔に話すための3つのポイント」についてお話したいと思います。

 

簡潔に話すための3つのポイント

 

 

簡潔に話すための3つのポイントは、

①冒頭に「テーマ」を伝える

②話すポイントは3つに絞る

③タイマーを用いて5分以内に話す

 以上3点となります。

 

 

それぞれ説明していきます。

 

1.冒頭に「テーマ」を伝える

話の最初に「これから何の話をするのか」を伝えます。そうすることによって、自分も話に迷わなくてすみますし、聞き手も「何の話?」と思わなくてすみます。

 

2.話すポイントは3つに絞る

テーマについて、「ポイントは3つあります」と提示して簡潔にポイントを3つ述べるようにしましょう。3つのポイントがあれば話にも説得力が増すし、また3つなので聞き手も「多いなあ」という印象を抱くことがありません。

 

3.タイマーを用いて5分以内に話す

時間の制限がないとついつい長く話しがちになってしまうので、最初は「キッチンタイマー」を用いて、5分以内に話すように練習してみるといいでしょう。最初は「ちょっといい足りないかなぁ」くらいの時間から始めるとよいと思います。

 

まとめ

はい、以上「簡潔に話すための3つのポイント」について簡潔にお話してみました。

ポイントをまとめると。①冒頭に「テーマ」を伝える。②話すポイントは3つに絞る。③タイマーを用いて5分以内に話す。です。よろしければ参考にしてみてください。