雑記帳みたいな、なにか

思ったことなどつらつらと

【考#123】前日よりも”つまらないこと”を書く?!

ブログを書くと思い立ってから数時間くらいモニターとにらめっこしていることも少なくない。私は本当は呼吸をするようにブログが書けるようになたいと思っている。しかしなぜかどうしても書けなくなる時がある。それはなぜなの考えてみよう。

 

なぜモニターの前でにらめっこしてしまうのか

  1. 自分でハードルをあげている
  2. 他人によく見られたい心理
  3. 脳内で考えが熟成していない

 

1.自分でハードルをあげている

頭の中でものすごいいい考えが浮かんでそれをどうにかブログにしたいのですが、どうしても書き出しからうまくいかない。これは自分で自分のハードルをあげてしまっているのかもしれません。無名のブロガーのくせに脳内ではアルファブロガー気取りなのです。どうせ自分の文章なんて誰からも気にされていません。気楽に書きましょう。

 

2.他人によく見られたい心理

最初のころは誰からも気にされていなかったブログでも、多少なりともアクセスがあったりブクマされたりスターをつけてもらったりすると他人の目を意識してしまいます。それはそれでいいことなのですが、変に「他人によく見られたい」と思うと背伸びをしようとしてしまいます。そうするととたんに文章が書けなくなってしまいます。

 

これに関してYoutube岡田斗司夫さんがとてもよい解決策をおっしゃっていたのを見つけたので、紹介させていただきます。

youtu.be

ブログをマメに更新するコツは「つまんないこと」を書くのが一番いいんですよ。毎日毎日前の日よりつまらないことを書こうとして、自分の「面白いこと書かなきゃ」って思い込む心を外しちゃえば書けるようになる。(引用元:No.47 ブログをまめに更新するには?! - YouTube

「前の日よりつまらないことを書く」と思って書く。

 

3.脳内で考えが熟成していない

書けない時は脳内で考えが熟成していないという場合もあります。アイデアが浮かんでタイトルだけは決まったもののどうしてもその先の文章が浮かばない。しかし次の日になってみるとスラスラと文章が出てくるという経験をしたことがあります。書けないときは相当焦るのですが、不思議と時が解決してくれます。どうやっても書けない時は、脳内での熟成を待って別のことをしているといいでしょう。(わかっていてもなかなか待つことができないのが人間なのですが…笑)

 

まとめ

というわけで、呼吸をするためにブログを書くために「なぜモニターの前でにらめっこしてしまうのか」ということについて考えてみました。これらの原因を排除していくことで少しでも楽しく、呼吸をするようにブログを更新していきたいと思います。前の日より「つまらないことを書く」と考えて書く、というのは参考になりますね。