考えるネタ帳☆

1日10記事更新に挑戦します。

【考#19】おっさんを構成する7つの要素

電車に乗っていたら、目の前に「おっさん」が座っていた。これは見事なおっさんであった。このおっさんは、なぜおっさんなのだろう。そんなことを考えながら観察していると、おっさんを構成する要素がいくつか見えてきた。というわけで、今回は「おっさんを構成する7つの要素」について考えてみよう。

f:id:pop-star0125:20150620210518p:plain

おっさんを構成する7つの要素。

  1. 鼻息が荒い。
  2. 汗が多い。
  3. クチャラーである。
  4. 太っている。
  5. 髪が薄い。
  6. くしゃみが大きい。
  7. 服装がだらしない。

 

1.鼻息が荒い。

とにかく鼻息が荒い。「ハァハァフーフー」と四六時中言っている。近くにいるとかなり気持ち悪いと感じてしまう。なぜこんなに呼吸をしなくてはならないのだろうか。

 

2.汗が多い。

それほど暑くないのだけれども、汗をよくかいている。体質なので仕方ないことなのだが、汗をたくさんかいていると「おっさんだなぁ」という印象が強くなる。

 

3.クチャラーだ。

なぜかおっさんにクチャラーが多い気がする。カウンター席に座っていて、隣にクチャラーのおっさんが来たらもう本当に死にたくなる。クチャクチャと音をたてられると、食べ物がまずくなる。そして、本人は全くその自覚がないことにさらに腹が立つ。

 

4.太っている。

年を重ねると太りやすくなるので仕方ないことかもしれないが、同じ年齢でも太っているかどうかでだいぶ「おっさん」具合も違ってくるように思える。太っているだけで、老けている印象を与えるのではないか。

 

5.髪が薄い。

これも仕方ないことですが、髪のボリュームだけでだいぶ年齢の印象が異なってくる。多くのおっさんが(その予備群も含め)育毛に必死になるのもよくわかる。

 

6.くしゃみが大きい。

おっさんは、爆音でくしゃみをする。室内の人が皆びっくりしてしまうくらいの音量で。これも年を重ねるとそうなってしまうものなのか。音に敏感な人は、このくしゃみでかなり心臓がドキっとしてしまう。

 

7.服装がだらしない。

服装に気を遣わなくなるのか、服装がヨレヨレだったり汚かったりするとかなり「おっさん」度はあがってくる。身だしなみには気をつけたいものだ。

 

まとめ

自分のことを棚にあげて「おっさんとは何か」ということを考えてみた。おっさんを構成する要素を考えることにより、その要素を極力排除すれば少しでも「おっさん化」を避けることが出来るかもしれない。

 

「おっさん」を構成する7つの要素。

1.鼻息が荒い。
2.汗が多い。
3.クチャラーである。
4.太っている。
5.髪が薄い。
6.くしゃみが大きい。
7.服装がだらしない。