考えるネタ帳☆

1日10記事更新に挑戦します。

【考#6】15分で書くために「キッチンタイマー」を使って書くことで得られる3つのメリットとは?

1記事を15分で書く。

 

と言われても、なかなか出来ない。

 

 

f:id:pop-star0125:20150615220644j:plain

 

そこで、

 

キッチンタイマーを使って書いてみることにした。

 

 キッチンタイマーを使って書くことで得られる3つのメリット。

1.締め切り効果で書ける。

2.普段の仕事も速くなる。

3.記事を量産出来る。

 

 

1.締め切り効果で書ける。

目の前にキッチンタイマーを置き「15分」にセットする。そしてスタートボタンを押すと時間がどんどんカウントダウンしていく。これにより気持ちがいやでも「書かないと」という方向へ向かっていく。これは、夏休みの宿題などと同じで「いつまででもいいや」と思っていると、いつまでもかけない。だから強制的に自分で「締め切り」を作るのです。こうすると思いのほか、筆が進みます。

 

2.普段の仕事も速くなる。

「15分でまとめる」ということを習慣に出来れば、きっと普段の仕事も速くなるように思います。希望的観測ですが。限られた時間の中で、ひとつの成果物を作ろうとすると集中力も増すので、普段の仕事における書類作成のスピードも上がることでしょう。

 

3.記事を量産できる。

結果的に早く書くことが習慣になれば、記事を量産することが出来るでしょう。15分というリミットを厳密に守り(記事の質はさておき)、コツコツと続けることが出来れば、とりあえず量は稼ぐことが出来ます。まずは量をこなしていくことで、文章を書くスキルは自然に上がっていくと思います。

 

 まとめ

 1記事を15分で書くためにキッチンタイマーを使う。

そのメリットは、

1.締め切り効果で書ける。

2.普段の仕事も速くなる。

3.記事を量産出来る。

 

ぜひ、あなたも台所にあるキッチンタイマーを手元においてやってみてください。ゲーム感覚でブログ記事が書けるのでオススメですよ!!